保育士資格を持っていて保育園で働いていたけれども、結婚や、出産を機に保育園を退職された方は多くいます。
子どもが幼稚園や小学校に入って、仕事をはじめようかと思うけれど、もとのような保育園に勤めるのは、早番や遅番があったり、土曜日出勤があったり、急な休みがとれなかったり、短時間勤務ができなかったりと、ハードルは高いのが現状です。

保育士資格を持つ方が勤務できる場所は、保育園だけではなく、転職先はいろいろあります。

例えば、女性がたくさん勤めている企業の保育ルームや託児室を転職先として選ぶ方もいます。

保育士の転職の情報を求める人におすすめのサイトです。

週に数日、短時間の勤務が可能なところもあり、急な休みにも、他の保育ルームからスタッフをまわす、等の対応をしてくれる場合もあります。

また、病児保育に転職する方もあります。

知って得するGirls Channel情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

ここも、短時間、週に数日の勤務が可能な場合が多く、利用者が少ない場合には休みになることもあります。



他にも、保育ママや子育てサポーターのように、自宅で依頼を受けて子どもを預かる方法もあります。

今は、保育園や学童でも待機児童が多く、保育士や託児サービスの需要は多くあります。

保育士資格をもっていれば、柔軟に、その方のライフスタイルにあわせた働き方が可能です。
特に、保育園での勤務経験のある保育士であれば、必要とされる場は多くあります。


少しずつでも子どもに関わる仕事をして、将来的にフルタイムでの勤務を目標にキャリアをつなぐことができるのもよい点です。